オルニチンのサプリで腎臓の負担が軽減される内容とは

公開日時 登録者 Laster

オルニチンは元来、体内に存在している物質で、体内で有害物質アンモニアの解毒を行なうなど、人体にとってとても重要な物質であるアンモニアを無害な尿素へと変えるには、オルニチンが次のように大きく関わっています。
アンモニアは、体内では、有毒物質です。その有毒物質であるアンモニアを尿素に変えて、無毒化する尿素回路という代謝経路があります。これは、別名、オルニチン回路と呼ばれます。このように別名がある通り、体内で大きな影響を与えていることは確かです。
肝臓にて、アンモニアは、酵素を活用して、この尿素回路の代謝経路で、尿素に変えられます。
また、腎臓にて、アンモニア除去の経路があります。この経路は、もう一度、肝臓に戻り、酵素によってクレアチンとなります。クレアチンは、高エネルギー化合物であるクレアチンリン酸となり、その後、クレアチニンとなり、再度、戻り、クレアチニンを脱アミノ作用の後、尿へと直接排泄されます。これは、尿のアンモニアの割合で約40%を占めます。
つまり、2つの代謝経路にて、アンモニアの解毒作用の経路があるということです。
即ち、オルニチンをサプリで摂取することにより、両方の負担が軽減されます。
特に、酵素を利用しない腎臓では、アンモニアを直接、クレアチニンへと解毒作用のアンモニア除去の経路を働かせないで済む分、その負担が軽減されます。
オルニチンのサプリのおかげで、肝臓だけでなく、腎臓も活動の負担を軽減することができるのです。
オルニチンサプリ徹底比較ガイド│効果口コミ大調査!はこちら